さらば あぶない刑事

さらば あぶない刑事

観客動員120万人突破! 興行収入16億円突破! 伝説が、遂に、終わる!
泣くなよ絶対。とびきりハデにサラバだぜ。

舘ひろし、柴田恭兵主演の刑事アクション『あぶない刑事』の劇場版第7弾。定年退職を5日後に控えたタカとユージがド派手なアクションとアドリブ満載の愛すべき掛け合いを繰り広げる。お馴染みのレギュラーメンバーに加え、吉川晃司と菜々緒が出演。

“さらば あぶない刑事” の続きを読む

ブラックハット 字幕&吹替

ブラックハット

何者かのネットワークへの不法侵入により、香港の原子炉は爆破され、アメリカの金融市場も大打撃を受ける。しかし、アメリカ・中国の合同捜査チームは事件解決の糸口をつかむことができずにいた。一縷の望みを託され、ハッキングの罪で投獄中の天才プログラマーのハサウェイ(クリス・ヘムズワース)に捜査協力が要請される。引き起こされた事件は、彼がかつて開発したプログラムを犯人が応用したシステムによるものだった。世界を脅かす凶悪犯の正体を暴くべく、中国人のパートナー(ワン・リーホン、タン・ウェイ)とともに、シカゴ、香港、マレーシア、そしてジャカルタと、世界を股に掛けた壮絶な追跡劇が始まる─―。

“ブラックハット 字幕&吹替” の続きを読む

チェインド 字幕版

チェインド

猟奇殺人鬼に育てられた少年の衝撃的な運命を描く、スキャンダラスな監禁・サスペンス・スリラー! !

9年後年後に知る 数奇な運命―

ある日、少年ティム(エイモン・ファーレン)と彼の母親を乗せたタクシーが郊外を走っていた。
突然、親子はそのタクシー運転手ボブ(ヴィンセント・ドノフリオ)によって拉致監禁されてしまう。
実はこの男の正体は、連続殺人鬼であった。
そのまま自宅に連れ去られ母親は殺され、その日からティムはラビットと命名され、鎖でつながれたままの監禁生活が始まった。
以来、ティムはこの殺人鬼と生活を共にし、ボブが連れてくる“獲物”の処理を手伝わされ、地獄の日々を過ごすのであった。
それから9年―、青年になったティムは、このままの不遇な人生に疑問を抱き、自らの人生を切り開く為に脱出を試みるのだが・・・。 “チェインド 字幕版” の続きを読む

8人の女たち 字幕版

8人の女たち

1950年代のフランス。クリスマス・イブの朝、雪に閉ざされた大邸宅で、一家の主マルセルが殺されていた。容疑者は邸宅に集まった8人の女たち。クリスマス気分で和気あいあいだった家族が、一転してお互いを詮索し始め、それぞれが抱えていた人には言えない秘密が次々と暴露されていく。マルセル殺しの犯人は、いったい誰・・・? カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、イザベル・ユペールほか8人のフランス大女優が一堂に会し、まるで大輪の花束のように咲き誇る“奇跡の舞台”。映画というより、もはや事件と呼べるこの作品はフランス本国はもちろんのこと、世界各国で大ブームを巻き起こし、ベルリン映画祭では、<女優たちのアンサンブルの芸術的成果>に対して、8人全員に銀熊賞が授与された。監督は新世代の代表格、フランソワ・オゾン。秘密の匂い一杯のクリスティ風推理劇を下敷きに、歌と踊りで味付けされた本作は、極上のワインのようにうっとりするような陶酔感と楽しさを合わせ持った贅沢な一品に仕上がった。また、往年のハリウッドの名作に捧げられた、遊び心一杯のオマージュも見どころのひとつである。 “8人の女たち 字幕版” の続きを読む

ガン&トークス 吹替版

ガン&トークス

 韓国・ソウル。冷静なリーダーのサンヨン、爆発物専門のジョンウ、スナイパーのジェヨン、サンヨンの弟でパソコンマニアのハヨン、彼ら4人の稼業は殺し屋。普段はどこにでもいるごく普通の青年ながら、ひとたび仕事となればどんな依頼も着実にこなす“殺し”のプロフェッショナル。そこへある時、オペラ劇場でのハムレット上演中、ある人物を暗殺して欲しいというハイリスクな依頼が舞い込んできた。だが、4人が周到に準備を進める一方で、彼らを日頃マークしているチョ特捜検事も不穏な動きを察知、厳戒態勢を敷いていた…。

“ガン&トークス 吹替版” の続きを読む