クロワッサンで朝食を 字幕版

クロワッサンで朝食を

エストニアで母を看取ったばかりのアンヌに、パリでの家政婦の仕事が舞い込む。
悲しみを振り切るように、憧れのパリへ旅立つアンヌ。
しかし、彼女を待ち受けていたのは、高級アパルトマンに独りで暮らす、毒舌で気難しい老婦人フリーダだった。
フリーダはおいしいクロワッサンの買い方も知らないアンヌを、冷たく追い返そうとする。
アンヌを雇ったのは、近くでカフェを経営するステファンで、フリーダは家政婦など求めてはいなかったのだ。
だが、遠い昔エストニアから出てきたフリーダはアンヌにかつての自分を重ね、少しずつ心を開いていく。
やがてアンヌは、フリーダの孤独な生活の秘密を知るのだが──。

大人のおとぎ話のような設定に見えて、リアルな感情に胸を揺さぶられるのは、ラーグ監督の母親の実話を基にしたストーリーだから。
人生の転機に、新たな世界へ踏み出す勇気をくれる、優しい力に満ちた感動作が誕生した。

“クロワッサンで朝食を 字幕版” の続きを読む

ホワイトアウト 吹替版

ホワイトアウト

ハードボイルド作家グレッグ・ルッカの原作小説を映画化。冬目前の南極を舞台に、他殺体の発見により、迫るタイムリミットと想像を絶する自然現象に苦戦しながら南極で最初の殺人事件に立ち向かう女性連邦保安官を描くアクション・スリラー!

“ホワイトアウト 吹替版” の続きを読む

太陽と月に背いて 吹替&字幕版

太陽と月に背いて

私は妻の カラダよりも ランボーの才能に 欲情した。
19世紀のフランス象徴主義の代表的詩人、アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの軌跡を描いた人間ドラマ。物語は、若く美しく才気溢れるランボーと、酒に溺れ狂暴な感情の爆発と内気な優しさという矛盾を孕むヴェルレーヌの奇跡的な出会いから、2年間に渡る同性愛の日々、その果てに来る別離と破滅、そしてランボーがアフリカを初めとする放浪の旅に出て孤独な死を迎えるまでを、壮大なスケールで描いてゆく。ランボーとヴェルレーヌの愛と残酷さ、インスピレーションと敵対心、そして決別と和解を、暴力的でエロティックで挑発的な愛の物語として情感溢れるタッチで描き、2人の心情を繊細な描写で捉えた傑作ドラマ。物語の秀逸さは勿論の事、若く天才的才能を持つ無節操で残酷なランボーを体現したL・ディカプリオと、彼に引き込まれながら芸術家の内面における創造と破壊の葛藤に揺れるヴェルレーヌを演じたD・シューリスの演技も絶品。

“太陽と月に背いて 吹替&字幕版” の続きを読む

ワンダーウーマン(2017) 字幕版 動画リンク

ワンダーウーマン(2017)

DCコミックスが生んだ女性ヒーローで、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でスクリーンに初登場した、ガル・ギャドット演じるダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンを主役に描くアクション大作。女性だけの島のプリンセスだったダイアナが、いかにして最強の女戦士=ワンダーウーマンとなったのかが描かれる。女しかいない島で、プリンセスとして母親に大切に育てられてきたダイアナ。一族最強の者しか持てないと言われる剣に憧れ、強くなるための修行に励む彼女は、その中で自身の秘められた能力に気付く。そんなある日、島に不時着したパイロットのスティーブとの出会いで、初めて男という存在を目にしたダイアナの運命は一転。世界を救うため、スティーブとともに島を出てロンドンへと旅立つ。スティーブ役は「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン。「モンスター」でシャーリーズ・セロンにアカデミー主演女優賞をもたらしたパディ・ジェンキンス監督がメガホンをとった。 “ワンダーウーマン(2017) 字幕版 動画リンク” の続きを読む

赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター 字幕&吹替版

赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター

獰猛な巨大人喰いザメの恐怖をスリリングに描いた本格海洋パニック・ホラー。グレートバリアリーフ。青い空と紺碧の海。そして美しい珊瑚礁と鮮やかな熱帯魚たち。そこでのバカンスは最高のものになるはずだった。滅多に人が来ない穴場でクルーズとダイビングを楽しむ5人の男女、ところが彼らが乗ったヨットが暗礁に激突して転覆してしまう。彼らが生きのびるためには近くの島まで泳ぐしかなかったが…。

“赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター 字幕&吹替版” の続きを読む