怪物はささやく

怪物はささやく

12歳の少年コナーは、難しい病を抱えた母親と2人で裏窓から教会の墓地がみえる家に住み、毎夜悪夢にうなされていた。
ある夜、コナーのもとに怪物がやって来て告げる。
「今から、私はお前に3つの【真実の物語】を話す。4つ目の物語は、お前が話せ。」しかも怪物は、コナーが隠している“真実”を語れと迫るのだ。
頑なに拒むコナー。しかしコナーの抵抗など意にも介さず、その日を境に夜ごと怪物は現れ物語の幕が上がる―。

“怪物はささやく” の続きを読む

クリーチャーズ 異次元からの侵略者

クリーチャーズ 異次元からの侵略者

異次元から現れた、100万種の侵略者―――。
人間に特殊能力を授けるという謎のドラッグ、“ソイソース”を摂取したジョン。彼はドラッグの力で、見えるはずのない異次元の存在を目にするようになり、その恐怖に悩まされていた。そんなジョンから相談の電話を受けた親友のデイヴィッド。「侵略者が部屋にいる」というジョンの話に呆れながらも、しぶしぶ彼の部屋を訪れると、そこで見たこともないような巨大な蜘蛛型クリーチャーが天井を這う姿を目撃する。一体何が起きているのか…、半信半疑のまま、怯えるジョンを外へ連れ出したデイヴィッド。だが、彼らを追いかけるように、異次元からやってきた様々な姿形のクリーチャーたちが、次から次へと襲い掛かってくるのだった…。

“クリーチャーズ 異次元からの侵略者” の続きを読む

キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王 GYAO

キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王

天命の拳に修羅は宿る―

第二次世界大戦間近の1930年代、日本軍は中国を精神的に支配下に置くべく、カルト教団・ハーデスの力を借りていた。br> 教団は武器を使わずに敵を屈服させるという理念の元、敵対国から幼児を誘拐し、究極の兵士に育て上げていたのだ。br> K-29はそんな教団の中でも最も才能に恵まれた子どもだったが、兄と戦うことを強いられ、殺してしまったことをきっかけに、教団に復讐を誓う。br> 数年後、最強の兵士となったK-29は、教団を抜けて中国で少林寺の門徒となり、日本軍と戦う人々を助けていた。br> やがてK-29はその強さから「金剛王」とよばれるようになり、ハーデス教団との生死を賭けた最後の戦いに赴く…。

“キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王 GYAO” の続きを読む

CLOWNTERGEIST クラウンタガイスト

CLOWNTERGEIST

ある日、極度のピエロ恐怖症である大学生のエマが「我が家」と呼ぶ街に、悪魔の魂がのりうつったピエロが呼び出されてしまう。そして、エマと友人たちにはピエロが殺しに来る正確な日時を告知する風船が配られるのだった。あと2日の命であることを知ったエマは、生き残るために彼女が最も恐れるものと対峙することになる――

“CLOWNTERGEIST クラウンタガイスト” の続きを読む

クリミナル・マインド12 FBI行動分析課 第1話~第4話

クリミナル・マインド12 FBI行動分析課

全米大ヒットの犯罪捜査ドラマ第12シーズン。シリアルキラーの次なる犯罪を防ぐべく、プロファイリングで犯人像を推理するFBI捜査官たちの活躍を描く。

シリアルキラー(連続殺人鬼)の次なる犯行をプロファイリングで防ごうと挑むFBI(米連邦捜査局)のチーム《BAU》の活躍を描き、全米ロングランヒット中の犯罪捜査ドラマから、番組通算250話に到達した第11シーズンに続き、2016年9月〜2017年5月に全米放送された第12シーズンを放送する。
前シーズン、壮大な3部作(第16〜18話)の最後、デレク(シェマー・ムーア)は《BAU》を卒業。新シーズンはルーク(「CSI:マイアミ」でデルコ役を演じたアダム・ロドリゲス)が逃亡者特捜班から異動してくる一方、チームのリーダーを務め続けたホッチ(トーマス・ギブソン)に、今シーズン衝撃の展開が。また、インターポールへ転職した人気キャラクター、エミリー・プレンティスが《BAU》に復帰する。最終話にデレクがゲスト出演するのも話題だ。

“クリミナル・マインド12 FBI行動分析課 第1話~第4話” の続きを読む