2001人の狂宴

2001人の狂宴

H・G・ルイスの名作カルトホラー『2000人の狂人』を、『キャビン・フィーバー』『ホステル』のイーライ・ロス製作で完全リメイク!

ハーシェル・ゴードン・ルイスの1964年の傑作カルト・ゴア・ムービー『2000人の狂人』を、『キャビン・フィーバー』『ホステル』で世界を驚愕させた新しき才能イーライ・ロスがプロデュースし、主演にカルトヒーロー、ロバート・イングランドを迎えて完全リメイク!南北戦争で殲滅させられた村の住民が、今も旅人たちをおびき寄せては食べていく!!

“2001人の狂宴”の続きを読む

ナイショの恋していいですか!? 第1話~第17話 

ナイショの恋していいですか!?

高校生のイ・ミンソク(ソ・イングク)はアイスホッケー部の花形フォワード。一方、おっちょこちょいな派遣社員のチョン・スヨン(イ・ハナ)は、本部長ユ・ジヌ(イ・スヒョク)に告白するが、あっさり振られショックから泥酔してしまう。学校帰りのミンソクは、バスで泥酔したスヨンにからまれ介抱することに。そんな中ミンソクの元にドイツに住む容姿が瓜二つの兄ヒョンソク(ソ・イングク)から連絡が入り、ヘッドハンティングされた韓国の大企業に自分の身代わりとなって出勤してほしいと頼まれる。悩んだ末、ミンソクは兄のスーツを着て出社し、本部長として勤務することになる。しかしそこには前日遭遇した泥酔女スヨンが勤めていた! 失恋のショックを引きずるスヨンを、はじめは応援していたミンソクだったが、次第に彼女の一途な姿に惹かれはじめ…。そして高校生と会社員の二重生活を送っていたミンソクは、スヨンに高校生だということがバレてしまい…。

“ナイショの恋していいですか!? 第1話~第17話 ”の続きを読む

ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル シーズン3 第1話~第15話

ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル

リドリー&トニー・スコットが製作総指揮を務めたサスペンスシリーズ第3。

FBI特別捜査官の兄・ドンと天才数学者の弟・チャールズがタッグを組み、数学的思考を駆使して数々の難事件を解決へと導いていく。

“ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル シーズン3 第1話~第15話”の続きを読む

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 字幕版

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男

自軍500人V.S.アメリカ南軍1,000,000人
何のために戦うのか、戦場の真中で疑問を抱く男がいる。彼の名はニュートン・ナイト(マシュー・マコノヒー)。1862年、南北戦争が日に日に激化する中、南軍の衛生兵として何人もの死にゆく者を見つめていた。
新しい法律で、奴隷を20人以上所有する農園の長男は兵役を免除されると聞いたニュートンは、貧しい者が金持ちのために戦うことに憤る。甥のダニエル(ジェイコブ・ロフランド)が目の前で銃弾に倒れた時、忍耐の糸が切れたニュートンは、遺体を家族に渡すために軍を脱走する。
故郷のミシシッピ州ジョーンズ郡では、留守を預かる近隣の女たちが、作物や衣類を根こそぎ徴収する南軍に苦しめられていた。ニュートンは、幼い娘3人を抱えた母親に家畜もすべて差し出せと脅す騎兵隊を追い払うが、脱走兵の追跡も任務だという将校に目をつけられ、妻のセリーナ(ケリー・ラッセル)と赤ん坊を置いて逃げざるを得なくなる。
酒場の女主人のサリー(ジル・ジェーン・クレメンツ)の手引きで、ニュートンは“沼”へと向かう。数日前、高熱を出した赤ん坊を救ってくれたイーキンズ家の使用人のレイチェル(ググ・ンバータ=ロー)の案内で沼の奥の湿原に入ると、そこは逃亡奴隷たちの隠れ場所だった。モーゼス(マハーシャラ・アリ)と名乗る男が、騎兵隊の犬にかまれた傷を治療してくれる。

“ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 字幕版”の続きを読む

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ 吹替版

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ


小さな町を通りかかった引っ越し途中のカップルを、地元の凶暴な強盗団が襲撃する。拉致監禁し、脅し、痛めつけ、 金品を奪う。それはいつも通りの簡単なヤマのはずだった・・・。 だが奪った車のトランクには、もう一人の少女が囚われていた。全米を震撼させている14人の学生が惨殺された事件で、 その現場から連れ去られたと思われていたエマ・ウォード。 高額の賞金が懸けられたエマの発見に喜ぶ強盗団。だが彼らはわかっていなかった。自分達が相手にしているのが、 一体何者なのかを。車を運転していたその男、ドライバー。ヤツの本性は残忍な殺人鬼だったのだ。 エマを取り戻すため、ドライバーがやってくる。ドライバーを殺してエマを守り抜けば、多額の賞金が手に入る。 そして悪党と悪党に囲まれて絶体絶命のエマ。生き残るのは誰なのか?今、血で血を洗う壮絶な戦いが幕を開ける・・・ “NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ 吹替版”の続きを読む