いしゃ先生

いしゃ先生


昭和10年、出羽三山の主峰・月山の麓を、急ぎ歩く女性がいた。
志田周子(ちかこ)、26歳。
故郷の父から『ハナシタイコトアリ スグカエレ』という電報を受け取った周子は、取るものもとらず帰郷したのだ。
山形の農村出身の彼女は、努力して東京女子医専(現・東京女子医大)に入学し、
医者になったばかりだった。
——風が鳴く峠のてっぺんに立つ、周子。
眼下に懐かしい景色が広がった。
8年ぶりの美しい故郷だった。久しぶりの実家。
幼い弟たちは周子に甘え、母・せいが手料理でもてなす。
温かい出迎えを周子は喜ぶが、父・荘次郎の様子がおかしい。
大井沢村の村長だった荘次郎は、周子の了承も得ぬまま周子名義で診療所建設の予算を通し、すでに建設が始まっていたのだ。
頼む、周子。3年だけお前の人生を俺にくれ。
その間に必ず代わりの医者を見つけるから」父に頭を下げられた周子は、怒ることはできなかった。
無医村のこの村に医者を置きたいという父の願いは、誰よりも理解していたから。
まだまだ未熟な自分が一人で診療所の医師などつとまるのか……不安を抱えつつ、周子は3年間だけ頑張ってみようと心に決める。
東京にいる想い人の存在を胸に秘めながら。
——自身に降りかかる数々の試練に耐え、過酷な運命にも負けず、
昭和37年にこの世を去るまで、たったひとりで村人の命を守った「いしゃ先生」の愛と勇気の物語。
“いしゃ先生”の続きを読む

赤い博物館 犯罪資料館 緋色冴子シリーズ

赤い博物館 犯罪資料館 緋色冴子シリーズ

時効が成立した重要犯罪の捜査資料や証拠品を保管する警察の施設、犯罪資料館。通称“赤い博物館”を強い信念のもとに立ち上げた館長・緋色冴子(松下由樹)は、日々、未解決事件の資料と向き合い研究を 重ねている。感情表現に乏しく、人とコミュニケーションをうまく取れない冴子は、博物館の守衛・大塚 慶次郎(竜雷太)以外とはあまり接触することがない。

ある日、警視庁捜査一課の寺田聡巡査部長(山崎裕太)が冴子の部下として配属される。寺田は捜査資料を現場に置き忘れて情報を漏らすという失態を起こし、左遷された。喜怒哀楽の表情を消した冴子の淡々とした態度に戸惑いながらも、寺田はこの博物館の主な仕事であるデータ整理を始めた。
寺田は証拠品の引き取りに向かう途中、トラックが人を撥ねる交通事故に遭遇する。寺田が駆け寄ると 被害者は「私は25年前に交換殺人を犯した…」と謎の言葉を残して息を引き取った。

 冴子はこの話を聞くなり、「この交換殺人を再捜査する」と言い放つ。“赤い博物館”は未解決のまま 時効を迎えた犯罪を、新たな視点から検証することで事件を解明する部署だったのだ。

 交通事故で亡くなった男の名は

“赤い博物館 犯罪資料館 緋色冴子シリーズ”の続きを読む

同じ星の下、それぞれの夜

同じ星の下、それぞれの夜


新進気鋭の若手監督3人がタイ、フィリピン、マレーシアで起こる小さな奇跡を描いたオムニバスムービー。冨永昌敬監督がムーディ勝山主演で描く
『チェンライの娘』
『ニュースラウンジ25時』
『FUN FAIR』
“同じ星の下、それぞれの夜”の続きを読む

超いきものまつり2016 地元でSHOW!! ~厚木でしょー!!!~海老名でしょー!!!~

超いきものまつり2016 地元でSHOW!! ~厚木でしょー!!!~

いきものがかりがデビュー10周年を記念し2016年夏に地元にて行った、大型野外ライブイベント「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!」の海老名公演と厚木公演、それぞれを映像商品化して、2016年12月21日に2作同時リリース決定! 「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!~海老名でしょー!!!~」は2016年8月28日に海老名運動公園で行ったライブを、「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!~厚木でしょー!!!~」は2016年9月11日に厚木市荻野運動公園で行ったライブ、どちらも2daysの二日目をそれぞれ全楽曲ノーカット

“超いきものまつり2016 地元でSHOW!! ~厚木でしょー!!!~海老名でしょー!!!~”の続きを読む