金環蝕 1975

金環蝕

「まわりは金色の栄光に輝いて見えるが、中の方は真っ黒に腐っている」 昭和40年、決算委員会で問題になった九頭竜川ダム落札事件を題材にした石川達三の小説を原作に、社会派の巨匠・山本薩夫が豪華な配役で映画化した問題作。 保守政党の総裁選挙をめぐって十数億の巨大な買収費がばらまかれた。その穴埋めに奔走する官房長官はダム建設工事に目を向ける。不正入札を計った官房長官は、総理夫人までも利用して請負業者と結託、邪魔者を文字通り次々と抹殺していく。政治の舞台裏にうごめく、金、権欲、女…、そして巧妙にモミ消された汚職事件。 『白い巨塔』で医学界を、『戦争と人間』で軍閥と財閥を、『華麗なる一族』で金融界を暴いた山本薩夫監督が、禁断の政界にメスを入れる。
“金環蝕 1975″の続きを読む

裂け女

裂け女

日本中を震撼させた都市伝説の謎に迫るショートホラーオムニバス。ごく普通のOLが憧れの人の「君が美人になったら結婚してもいい」という言葉を信じた挙句…第1話「口裂け女」ほか、第2話「呪いナメクジ」第3話「ボクを見て!」など、全5話

“裂け女”の続きを読む

風に立つライオン

風に立つライオン

1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。
アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。
しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。
理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後、現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。
物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。
病院では、新たにスタッフとなった日本人看護師・和歌子(石原さとみ)と出会う。航一郎と和歌子は時折ぶつかりあいながらも互いに同志として認め合っていく。
そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。彼は銃傷よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった――
航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが・・・

“風に立つライオン”の続きを読む

彼は、妹の恋人

彼は、妹の恋人

主人公の美雪は小さい頃から、甘え上手で積極的な妹の遥花に、欲しいものや好きな人をすべて奪われてきた。そして、すっかり恋愛に自信を無くし、花屋の仕事に打ち込む毎日だった。ところがある日、昔好きだった亮介とばったり出会い、以前の感情が甦る。そこへ遥花が現れ……。

“彼は、妹の恋人”の続きを読む

きみはペット 第1話~第3話

きみはペット

「キャリアウーマンが美少年をペットに飼う!?」という新しい同居スタイルを描いた
小川彌生の大ヒットマンガ『きみはペット』。
2003年に初めて日本でドラマ化され、2011年には韓国でも
チャン・グンソク主演で映画化され、いずれも大ヒットを記録した。
子犬系男子の先駆けとも言えるこの傑作が、アジアで一大旋風を巻き起こした
「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」の製作陣によって再びドラマ化される。
スミレ役はモデル・女優として幅広く活躍中の入山法子。
映像化の度にそのキャスティングが大きな話題となる“モモ”こと合田武志役は
「烈車戦隊トッキュウジャー」主演で人気急上昇中の志尊淳がダブル主演を務める。
女性を虜にしてやまない「きみはペット」にきっとあなたも夢中になる!

“きみはペット 第1話~第3話”の続きを読む