空へ 救いの翼 RESCUE WINGS

空へ 救いの翼 RESCUE WINGS

あきらめない─そこに命がある限り
「航空救難団」それは、人命救助“最後の砦”

【ストーリー】
幼い頃、航空自衛隊・航空救難団に母親を救ってもらった川島遥風(はるか)。
航空救難団とは、海上保安庁やハイパーレスキューでは対応困難な厳しい状況下で出動する、世界トップクラスの救難組織。
彼女はそんな救難団に憧れ、女性初の救難ヘリUH-60Jの新人パイロットとなる。
過酷な訓練、感傷を捨てなければ全っとう出来ぬ人命救助の任務。
荒れ狂う海へ、突風渦巻く断崖へ、強風吹きすさぶ離島へ。
彼女は、葛藤しながら「救えないこと」の辛さをも乗り越え、救難ヘリ操縦士としての覚悟と誇りを育んでゆく。
ある日、戦闘機F-15Jがレーダーから消えた。
遭難したパイロットの救出に向った遥風は、残燃料のリミットと闘い、命懸けのミッションに突き進む・・・。

“空へ 救いの翼 RESCUE WINGS”の続きを読む

サギ 共謀者(パートナー)

サギ 共謀者(パートナー)

騙されたヤクザたちの復讐を受けながら、華麗な詐欺テクを次々と披露する詐欺師コンビの姿を描く。悪徳高利貸し・華子に追われる京介。徳心会銀崎組・銀崎に追われる志穂。偶然にも死に場所の重なった2人は、詐欺のコンビを組むことで自殺をやめる。連続詐欺で派手に儲ける京介と志穂は、結婚詐欺師の究極の目標・保険金殺人を企て結婚する…。

“サギ 共謀者(パートナー)”の続きを読む

そして誰もいなくなった 第1夜・第2夜

そして誰もいなくなった

八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島。その孤島に立つ『自然の島ホテル』のオーナー・七尾審によって10人の男女が島に呼び寄せられる。
 七尾からの招待状を受け取りやってきたのは元水泳選手の白峰涼(仲間由紀恵)、元東京地裁裁判長・磐村兵庫(渡瀬恒彦)、元国会議員・門殿宣明(津川雅彦)、救急センター医師・神波江利香(余貴美子)、元傭兵・ケン石動(柳葉敏郎)、元女優・星空綾子(大地真央)、ミステリー作家・五明卓(向井理)、元刑事の久間部堅吉(國村隼)の8人。島に到着するも、ホテルの執事夫婦・翠川信夫(橋爪功)とつね美(藤真利子)からオーナーの七尾は不在であることを伝えられる。
 これから何が起こるのか、自分たちはなぜこの島に招待されたのか―期待と不安に包まれながら用意された夕食をとっていると、突如としてどこかから彼らの過去の罪を暴露する“謎の声”が聞こえてくる。
 それぞれの胸の内に去来する過去の出来事…。10人が互いの過去を探り合う中、突然招待客のひとりが目の前で殺害される! そしてそれをきっかけとするように、ひとり、またひとりと招待客が殺されていき…?

tv-asahiより

“そして誰もいなくなった 第1夜・第2夜”の続きを読む

再会 禁じられた大人の恋

再会 禁じられた大人の恋

平凡な結婚生活を送っている主婦・由美子の隣に新しい隣人が引っ越してくる。それは、かつて愛し合いながらも、
別れを余儀なくされた恋人・浩司だった。由美子と浩司は昔の情熱が吹き出し激しく愛し合う。
しかし、二人の関係はやがて周囲に知られてしまう。
夫に問い詰められ、由美子は決断を迫られる・・・。

“再会 禁じられた大人の恋”の続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました

植物図鑑 運命の恋、ひろいました

3名前しか知らない、あなたを好きになってもいいですか?
運命と奇跡に彩られた、若葉のようにピュアな純愛ストーリー。

東京で一人暮らしをしている23歳のさやかは、何のとりえもない普通の女の子。ある冬の夜、アパートの前でお腹をすかせて動けなくなっている、見ず知らずの若い男性・樹に遭遇する。
「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません、しつけのできた良い子です。」
酔っぱらっていたさやかはどうせ夢の中のできごと、と、子犬を拾うように、お腹をすかせた樹を家にあげる。翌朝、いつの間にか眠ってしまっていたさやかが目を覚ますと、キッチンには樹がありあわせの材料で作った朝食が並べられていた。自炊や手作りの料理とは無縁の生活を送っていたさやかは、朝食のおいしさ、あたたかさに思わず涙を流してしまい、「行くところがないならうちにいなよ」と言ってしまう。そして、樹に家事全般を担ってもらうことを条件に「半年間」という期限付きの同居生活が始まる。
樹は「ただの雑草」としか認識していなかった野草の名前をさやかにやさしく教え、休日には一緒に河原や土手に行き、「野草狩り」をした草花で美味しい料理を次々に作ってくれる。さやかはそんな樹にどんどん惹かれ、抑えていた「好き」という気持ちが溢れ出し、とうとう樹に告白する。それは樹も同じ気持ちだった。そして、二人は同居人の枠を超えた特別な存在に―
春が過ぎて、夏になり、このままこの時間がずっと続いてほしいと思った矢先、樹は手紙を残してさやかのもとを去ってしまう。
彼には、さやかには伝えられない、ある秘密があった。

“植物図鑑 運命の恋、ひろいました”の続きを読む