プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~ 第1話 【全5話】

プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~

32歳、旅行代理店の冴えない営業マン吉村貴生(星野源)は、仕事で失敗続きの上に好きだった女性にも相手にされず、憂さ晴らしに出掛けた先で、よく分からないまま覚せい剤を打たれ逮捕されてしまった。当然会社からも解雇。挙げ句、住んでいた部屋が火事に…。執行猶予中の身で借りられる物件などそうそうあるわけもなく、「ここで駄目なら他に行く所なんかないよ」と連れていかれたのは、朝田潤子(石田ゆり子)がオーナーを務める「プラージュ」という名の1階がカフェのシェアハウスだった。
「基本家賃は5万円、掃除は交代制、個室の仕切りはカーテンのみ、ただしおいしい食事付き」。再就職が決まるまで、と軽い気持ちで住み始めた貴生だったが、“訳あり”の住人たち――小池美羽(仲里依紗)、野口彰(眞島秀和)、矢部紫織(中村ゆり)、中原通彦(渋川清彦)、加藤友樹(スガ シカオ)――が起こすさまざまな騒動に巻き込まれていき…。

“プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~ 第1話 【全5話】” の続きを読む

本能寺ホテル

本能寺ホテル

倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。
なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。
一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。
冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。
そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってきた現代人。
繭子は自身も訳のわからぬまま、信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。
やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき…。

“本能寺ホテル” の続きを読む

58 Days

58 Days

目覚めると、そこは見知らぬ廃墟の一室。長女あかね、次女わかば、三女あおば、三人の姉妹は何者かに拉致監禁されたのだ。セイゴと名乗る犯人は、姉妹を交互にレイプしはじめる。虚弱なあおばをかばい、自ら肉体をセイゴに開いてゆくあかね。服従を装いながら、脱走の機会を伺うわかば。だがあまりにも過酷な地獄の日々は、三人の精神を序々に蝕み、姉妹は憎しみをぶつけ合うようになってゆく…。

“58 Days” の続きを読む

バスジャック 期間限定

バスジャック

胃には怪しい影がみつかり、リストラにも遭い、原因不明の歯痛に悩まされる小宮(遠藤章造)。ふと立ち止まった目の前には「高知行き」のバス。とそこに飛んでくる黒い物体。弾ける閃光。「いいなー、高知。故郷なんですよ。行きたいなあ」「ひぃぃぃぃ! ど、どうぞ!」無意識に拾い上げ、運転手に向けた物体は拳銃だった……。

“バスジャック 期間限定” の続きを読む

僕たちがやりました 第1話~第2話

僕たちがやりました

“そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者たち。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で、復しゅうを企てる。ところが、計画実行の日、それはとんでもない大事件に発展してしまう。気づいた時には、向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケが分からないまま、あっという間に“爆破事件の容疑者”になってしまった彼らが選んだ道は“逃げる”こと…。 こうして、現実に向き合えない若者たちの青春逃亡劇が始まる。彼らを待っていたのは刑事や教師の追跡、 不良たちの報復、抑えきれない欲望と仲間割れ、大好きなあの子との別れ、そして罪悪感…!そんな彼らが右往左往しながらも成長していく様を、ハラハラドキドキの展開で描いた青春逃亡サスペンス!!

“僕たちがやりました 第1話~第2話” の続きを読む