クロワッサンで朝食を 字幕版

クロワッサンで朝食を

エストニアで母を看取ったばかりのアンヌに、パリでの家政婦の仕事が舞い込む。
悲しみを振り切るように、憧れのパリへ旅立つアンヌ。
しかし、彼女を待ち受けていたのは、高級アパルトマンに独りで暮らす、毒舌で気難しい老婦人フリーダだった。
フリーダはおいしいクロワッサンの買い方も知らないアンヌを、冷たく追い返そうとする。
アンヌを雇ったのは、近くでカフェを経営するステファンで、フリーダは家政婦など求めてはいなかったのだ。
だが、遠い昔エストニアから出てきたフリーダはアンヌにかつての自分を重ね、少しずつ心を開いていく。
やがてアンヌは、フリーダの孤独な生活の秘密を知るのだが──。

大人のおとぎ話のような設定に見えて、リアルな感情に胸を揺さぶられるのは、ラーグ監督の母親の実話を基にしたストーリーだから。
人生の転機に、新たな世界へ踏み出す勇気をくれる、優しい力に満ちた感動作が誕生した。

“クロワッサンで朝食を 字幕版” の続きを読む

太陽と月に背いて 吹替&字幕版

太陽と月に背いて

私は妻の カラダよりも ランボーの才能に 欲情した。
19世紀のフランス象徴主義の代表的詩人、アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの軌跡を描いた人間ドラマ。物語は、若く美しく才気溢れるランボーと、酒に溺れ狂暴な感情の爆発と内気な優しさという矛盾を孕むヴェルレーヌの奇跡的な出会いから、2年間に渡る同性愛の日々、その果てに来る別離と破滅、そしてランボーがアフリカを初めとする放浪の旅に出て孤独な死を迎えるまでを、壮大なスケールで描いてゆく。ランボーとヴェルレーヌの愛と残酷さ、インスピレーションと敵対心、そして決別と和解を、暴力的でエロティックで挑発的な愛の物語として情感溢れるタッチで描き、2人の心情を繊細な描写で捉えた傑作ドラマ。物語の秀逸さは勿論の事、若く天才的才能を持つ無節操で残酷なランボーを体現したL・ディカプリオと、彼に引き込まれながら芸術家の内面における創造と破壊の葛藤に揺れるヴェルレーヌを演じたD・シューリスの演技も絶品。

“太陽と月に背いて 吹替&字幕版” の続きを読む

瞳は静かに 字幕版

瞳は静かに

軍事政権時代の1977年、アルゼンチン北東部の州都サンタ・フェ。やんちゃでいたずら好きな8歳の男の子アンドレス(コンラッド・バレンスエラ)は、交通事故により母を突然亡くす。

アンドレスは兄アルマンドとともに、祖母オルガ(ノルマ・アレアンドロ)と父ラウルが住む家で暮らすことになる。オルガとラウルは、なぜか母の持ち物を焼き、家も売ってしまおうとする。また、謎の男セバスチャンは、親しげに近づいてくる。

母との愛情溢れる暮らしとは異なり、自分のルールを押し付けてくるオルガとの生活は、次第にアンドレスを無口にしていく。何がおこっているのかを知りたくなったアンドレスは、大人たちを観察し、会話を盗み聞きするようになる。そしてある夜、アンドレスは部屋の窓から恐ろしい光景を目にする。

“瞳は静かに 字幕版” の続きを読む

プラネタリウム 字幕版

プラネタリウム

1930年代後半、降霊術ツアーに出ていたアメリカ人姉妹ローラ(ナタリー・ポートマン)とケイト(リリー=ローズ・メロディ・デップ)は、パリを訪れる。霊感が強くて死者を呼び出せるケイトはある晩、フランスの有名な映画会社のプロデューサー・アンドレ(エマニュエル・サランジェ)と知り合う。実際に霊と遭遇した彼は姉妹の能力に心酔し、ゴースト映画を企画する。

“プラネタリウム 字幕版” の続きを読む

ネット不倫のワナ 字幕版 期間限定

ネット不倫のワナ

ネット不倫の刺激とスリルにハマっていく男女を描いたエロティック・サスペンス。若くして知り合って結婚し、息子を儲けたフレッドとデビー。キャリアウーマンで忙しいデビーとは反対に、雑誌社を辞め小説家を目指すフレッドは四六時中家にいる始末。すれ違い生活から恋人時代の情熱も冷め、二人はセックスレスに。欲求不満になった二人は互いに内緒で、軽い気持ちでインターネットの不倫サイトに登録するが…。R-15指定作品。

“ネット不倫のワナ 字幕版 期間限定” の続きを読む