魔法陣グルグル

魔法陣グルグル

ジェムジャム大陸にある小さな村、ジミナ村。ある日、この村に「勇者募集!!魔王を倒した者に金5万R(リン)を与え、コーダイ国の王子とする」と書かれた立て札が立つ。勇者マニアのバドがこれを見つけ、息子ニケを勇者として無理やり旅立たせる。
このジミナ村では旅立つときに魔法オババのもとに寄らなければいけないという決まりがある。その決まりに則り、ニケはオババの家に寄ることになった。そこでミグミグ族という種族だけが使える「グルグル」という魔法を使う魔法使い、ククリと出会い、一緒に旅立つように命ぜられる。そして国王に勇者として認められたニケは、世界征服をねらう魔王ギリ打倒の旅にククリと共に出る。

“魔法陣グルグル” の続きを読む

魔法使いの嫁 星待つひと 後篇

魔法使いの嫁 星待つひと 後篇

三浦から受け取った一冊の本。
それは彼に遺された悔恨の記憶であり、寄す処でもあった。 本を託されたチセは三浦の想いを伝えるために奔走する。

『その夜僕には、果たさなければならない約束があった』

彼が果たせなかった約束、森の図書室の秘密が今明かされる……。

たとえ雲厚く見えずとも。
星はいつか、待ち侘びるひとの元へ。

語られなかった前日譚、三部作がここに完結——。

“魔法使いの嫁 星待つひと 後篇” の続きを読む

魔法使いの嫁 星待つひと 中篇

魔法使いの嫁 星待つひと 中篇

ヤマザキコレの人気コミック「魔法使いの嫁」を原作としたアニメで、ヤマザキ原案の完全オリジナルストーリーで描かれる3部作(前編・中編・後編)の中編。2017年3月発売の原作コミック第7巻特装版にOADとして同梱される作品を、劇場で先行上映。ロンドンから届いた思わぬ贈り物により、チセは心の奥底に眠っていた幼少期の記憶を思い出す。幼い頃、人には見えないものが見えることと、それに対する周囲の無理解におびえていたチセは、逃げ出した先で不思議な図書館を見つけ、管理者の優しい魔法使いと交流を持つ。そんなある日、チセは図書館のカウンターに置かれたある書物に目を留まるが、その本は彼女にとって特別な一冊となっていく。

“魔法使いの嫁 星待つひと 中篇” の続きを読む

魔法使いの嫁 星待つひと 前編

魔法使いの嫁 星待つひと

ヤマザキコレのファンタジーコミック「魔法使いの嫁」をアニメ化。ヤマザキ原案の完全オリジナルストーリーで描かれる3部作(前編・中編・後編)の前編で、2016年9月発売の原作コミック第6巻特装版に同梱されるOAD。身寄りもなく希望もない孤独な少女で、悠久の時を生きる魔法使いエリアスに金で買われ、弟子として、そして花嫁としてエリアスの家に招き入れられた羽鳥チセ。彼女が魔法使いと出会う以前の物語を描く前日譚。アニメーション制作は「進撃の巨人」「終わりのセラフ」など話題作を手がける新進気鋭のWIT STUDIOが担当。

“魔法使いの嫁 星待つひと 前編” の続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)

大阪の日売テレビで突如、爆破事件が発生! その時局内では、日本の競技かるた界を牽引する「皐月会」が開催する会見が行われており、突如の事態に大パニックに!
崩壊していくビルの中、西の名探偵・服部平次とその幼馴染・遠山和葉、2人だけが取り残されてしまうが、間一髪の所で駆け付けたコナンにより無事救出される。
まるでテロのような事件、しかし犯人の目的もわからず、犯行声明すら出ていない不可解な状況に違和感を禁じ得ないコナンと平次。そんな騒動の中、コナンたちは平次の婚約者だと言い張る女性と出会う。
その名は、大岡紅葉。「平次は幼い頃からの運命の人」という紅葉は競技かるたの高校生チャンピオンにして、未来のクイーンと呼ばれる存在だった。
時を同じくして京都・嵐山の日本家屋で、皐月杯の優勝者が殺害される。その時、殺害現場のモニターに映し出されていたのは、紅葉の姿。
そして被害者の周りにはかるた札が意味ありげにちらばっていて…

“名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)” の続きを読む