バイオハザード ディジェネレーション 吹替版

バイオハザード ディジェネレーション

ラクーンシティの惨劇から7年ー。 あの恐怖が蘇る。

【ストーリー】
ラクーンシティで起きた『アンブレラ事件』。 最大手製薬会社アンブレラ社が生み出したt-ウィルスには生物を凶暴化させる効果があった。しかし、このウィルスが感染拡大したことにより住民らがゾンビ化したため,米国政府はミサイル攻撃による<滅菌作戦>を実行し,ラクーンシティは消滅することになった。 忌まわしい事件から7年。惨劇は再びアメリカ中西部工業都市の空港で起ころうとしていた。バイオテロや薬害被害者救済を行うべく,NGOに所属していたクレア・レッドフィールドは空港利用客の中にゾンビを発見。警備員が噛まれたことを発端に次々と一般客や空港職員が感染していき空港内は大パニックとなる。時同じくして,空でも旅客機内でウィルス感染者が出たことで緊急着陸するべく空港へ向ったが,パニックなっているロビーへ激突してしまう。さらに機内から降りてきた乗組員や乗客らは皆ゾンビ化していた。 一方,合衆国大統領は直轄のエージェント,レオン・S・ケネディに任務を授け,事態鎮圧の特別指揮官として空港へ向かわせるが…

映像特典 1メイキング:The Generation of DEGENERATION モーションキャプチャーシーンからアフレコ,USコミコンでの発表風景まで,本作完成までの流れを映像で追う。 2キャラクター・プロフィール ファン必見! メインキャラクターの詳細情報データを収録。 3”レオン”なりきりインタビュー レオン役モーションキャプチャー担当がレオンに成りすまし語るインタビュー映像 4ギャグ映像集(4種) 本編のカットを組み替えたシーンに新規でおバカセリフをあてこんだ映像集 5ゲーム「バイオハザード5」特別映像集 劇場で本編終了後のみでしか流されなかった「バイオハザード5」の劇場用特報などを収録。 6オリジナル予告編集 本作で作られた予告編を全て収録。 7ピクチャー・イン・ピクチャー(BONUSVIEW)でみるアニマティックス、モーションキャプチャー、ストーリーボードの比較

“バイオハザード ディジェネレーション 吹替版”の続きを読む

劇場版アイカツスターズ!

劇場版アイカツスターズ!


劇場版アイカツスターズ!」
南の島のイベントに出演するため、四ツ星学園の生徒みんなで旅立ちます! そこの島には伝説のドレスが眠るという噂が…
ゆめとローラの友情物語あり、S4が初めて揃いステージに立ち、さらに伝説のドレスをドレスメイクして… わくわくドキドキのアイカツ! 物語!

「アイカツ!~ねらわれた魔法のアイカツ!カード~」
スターライトクイーンになったあかりをメインに、いちごが映画を撮る事に!1枚のアイカツ! カードを巡ってのドタバタストーリー。
最後は25人のアイドルステージも!

“劇場版アイカツスターズ!”の続きを読む

天地無用! 魎皇鬼 第1期~第4基

天地無用! 魎皇鬼

柾木神社の跡取りである柾木天地は、ごく普通のどこにでもいる少年。
神社奥にある「鬼」を封じ込めた祠の封印を解いてしまい、復活した魎呼(鬼)と戦う羽目に!
さらに魎呼復活を機に宿敵阿重霞も地球に到来し・・・。
それは天地が銀河を支配する樹雷一族との関わりを知る始まりだった!!

“天地無用! 魎皇鬼 第1期~第4基”の続きを読む

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 第1~第4

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い


西尾維新の原点である「戯言シリーズ」をアニメ化したミステリー第4巻。日本海に浮かぶ孤島・鴉の濡れ羽島に客として招かれた各分野の天才たち。だがある朝、島の屋敷で首斬り死体が発見される。

“クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 第1~第4″の続きを読む

魔法科高校の劣等生 第1話~26話

魔法科高校の劣等生

夏が終わり、秋。
「全国高校生魔法学論文コンペティション」、
通称・論文コンペの季節である。

論文コンペとは、全国の高校生が魔法学、魔法工学の
研究成果を発表する場であり、
実質、正規の教育課程で魔法理論を教える
全国九つの魔法科高校が競い合う。
そのため、魔法の実践的な披露の場である九校戦が「武」であると
すると、論文コンペはその双壁をなす「文」の九校間対抗戦と言える。

一年生、それも二科生ながら第一高校代表チームの一員として
論文コンペに参加することになった司波達也は
第一高校の今年の論文テーマである
「重力制御魔法式熱核融合炉の技術的可能性」の
プレゼンテーションの準備をとりかかる。
そんな中、達也は義理の母である司波小百合から
「聖遺物(レリック)」を受け取る…。

一方、今年の論文コンペの開催地である横浜では、
不法入国者の検挙が行われ、
大部分の不法入国者が制圧されていた。

しかしそれは、論文コンペを巻き込む波乱の前触れに過ぎなかった。

“魔法科高校の劣等生 第1話~26話”の続きを読む